2024/05/01 更新

写真a

フジモリ アツシ
藤森 篤
Fujimori Atsushi
所属
大学院 総合研究部 工学域 機械工学系(機械工学) 教授
職名
教授
連絡先
メールアドレス

経歴

  • 山梨大学教授 (大学院医学工学総合研究部)

    2006年7月 - 現在

  • 静岡大学客員教授

    2006年7月 - 2007年3月

      詳細を見る

    備考:2007年3月まで

  • 山梨大学教授 (大学院医学工学総合研究部)

    2006年7月

  • 静岡大学助教授 (工学部)

    1990年4月 - 2006年6月

  • 静岡大学講師 (工学部)

    1989年4月 - 1990年3月

  • 日産自動車㈱

    1984年4月 - 現在

  • 日産自動車㈱

    1984年4月

▼全件表示

学歴

  • 名古屋大学

    - 1988年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    備考: (事項) 名古屋大学大学院工学研究科博士後期課程 単位取得満期退学

  • 名古屋大学

    - 1988年

  • 名古屋大学大学院

    - 1988年

      詳細を見る

    国名: 日本国

学位

  • 工学博士 ( 1989年3月   名古屋大学 )

研究分野

  • フロンティア(航空・船舶) / 航空宇宙工学  / 飛行制御

  • 情報通信 / 機械力学、メカトロニクス  / システム制御、振動制御、移動ロボット

  • 情報通信 / 機械力学、メカトロニクス

研究キーワード

  • 自律型移動ロボット

  • 飛行制御

  • システム制御

  • システム同定

  • 飛行制御

  • 航空工学

  • 自律型移動ロボット

  • 移動ロボット

  • 機械力学・制御

  • 振動制御

  • システム制御

  • System control

  • Flight control

  • Control Theory System Aircraft Control Mobile Robots Navigation and Control Autonoumus

研究テーマ

  • 自律型移動ロボットの誘導制御に関する研究

  • システム制御と実システムへの応用

共同・受託研究希望テーマ

  • 自動制御法とその機械システムへの応用

     詳細を見る

    産学連携協力可能形態:技術相談, 受託研究, 共同研究 共同・受託研究希望種別:産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望

共同研究・競争的資金等の研究

  • 現代制御理論を用いた騒音の能動制御アルゴリズムの研究

    2015年9月 - 2016年3月

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金の種類:共同研究

  • 小型無人ヘリコプタの飛行制御システム開発

    2012年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金の種類:他の外部資金

  • 小型自律ヘリコプタの飛行制御システム開発

    2006年 - 2007年

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金の種類:科学研究費補助金

  • 自律型移動ロボットの誘導制御に関する研究

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金 

  • システム制御と実システムへの応用

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金 

  • System control theories and their application to practical systems

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金 

  • Navigation of Mobile Robots

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金 

  • Navigation and control of autonomous mobile robots

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金 

  • Controls of Aircraft

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金 

▼全件表示

論文

  • A Leader follower formation control of mobile robots by position based visual servo method using fisheye camera

    Shinsuke Oh-Hara and Atsushi Fujimori

    ROBOMECH Journal   1 - 14   2023年12月( ISSN:2197-4225 )

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40648-023-00268-6

  • Robustness in formation control of mobile robots using leader-follower method 査読 重要な業績

    Shinsuke Oh-Hara and Atsushi Fujimori

    Advances in Mechanical Engineering   15 ( 11 )   1 - 14   2023年11月( ISSN:1687-8132 )

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/16878132231209708

  • Person Following Control for a Mobile Robot based on Color Invariance Corresponding to Varying Illumination 査読 重要な業績

    Shinsuke Oh-hara, Kaoru Saito, Atsushi Fujimori

    International Journal of Robotics and Automation   11 ( 1 )   33 - 42   2022年3月( ISSN:2722-2586 )

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI: 10.11591/ijra.v11i1

  • Formation shape transition of multiple mobile robots in leader-follower method 査読 重要な業績

    Atsushi Fujimori, Kotaro Oh-kiri, Shinsuke Oh-hara

    International Journal of Robotics and Automation   10 ( 4 )   275 - 288   2021年12月( ISSN:2722-2586 )

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI: 10.11591/ijra.v10i4

  • An Effective Maximal-Length Sequence Design for System Identification of a Continuous-Time Linear Aircraft Model 査読 重要な業績

    Atsushi Fujimori, Shinsuke Ohara

    Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences   64 ( 4 )   215 - 222   2021年8月( ISSN:0549-3811 )

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本航空宇宙学会  

    DOI: DOI: 10.2322/tjsass.64.215

  • Formation Control of Multi-Sonar Equipped Mobile Robots and Large Obstacle Avoidance 査読

    Atsushi Fujimori, Atsushi Hosono, Shinji Kuratani and Shinsuke Oh-hara

    International Journal of Engineering Research and Applications   10 ( 7 )   48 - 59   2020年7月( ISSN:2248-9622 )

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.9790/9622-1007054859

  • Autonomous Flight Control System of Quadcopter Based on Waypoint and its Application to Formation Control with Mobile Robot 査読

    Atsushi Fujimori, Yu-uki Ukigai, Shuhei Santoki and Shinsuke Oh-hara

    International Journal of Modern Engineering Research   9 ( 10 )   26 - 33   2019年10月( ISSN:2248-9622 )

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IJERA  

  • A Modified Navigation Technique for Formation Control of Sonar-Equipped Mobile Robots with Large Obstacle Avoidance 査読

    Atsushi Fujimori, Atsushi Hosono, Kazuro Takahashi and Shinsuke Oh-hara

    International Journal of Modern Engineering Research   8 ( 11 )   44 - 52   2019年1月( ISSN:2249-6645 )

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IJMER  

  • Order Reduction of Plant and Controller in Closed Loop Identification Based on Joint Input-Output Approach 査読 重要な業績

    Atsushi Fujimori and Shinsuke Ohara

    International Journal of Control, Automation and Systems   15 ( 3 )   1217 - 1226   2017年6月( ISSN:1598-6446 )

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer  

    DOI: 10.1007/s12555-015-0458-4

  • Identification of Continuous-Time Linear Aircraft Models Using Subspace Identification 査読 重要な業績

    Atsushi Fujimori

    Journal of Aerospace Science and Technology   2 ( 1 )   7 - 12   2016年6月( ISSN:2332-8258 )

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Iterative Learning Identification with Reducing Non-Zero Initial States and Application to Estimation of Aerodynamic Derivatives 査読 重要な業績

    Atsushi Fujimori,Shinsuke Ohara

    Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences   57 ( 3 )   160 - 168   2014年5月( ISSN:0549-3811 )

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本航空宇宙学会  

  • Leader-follower formation control with obstacle avoidance using sonar-equipped mobile robots, IMechE Journal of Systems and Control Engineering 査読 重要な業績

    Atsushi Fujimori,Hiroshi Kubota,Naoya Shibata,Yoshinari Tezuka

    PROCEEDINGS OF THE INSTITUTION OF MECHANICAL ENGINEERS PART I-JOURNAL OF SYSTEMS AND CONTROL ENGINEERING   228 ( 5 )   303 - 315   2014年2月( ISSN:0959-6518 )

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Multi-Variable Iterative Learning Identification and Its Application to Estimation of Aerodynamic Derivatives in an Aircraft Model 査読 重要な業績

    Atsushi FUJIMORI,Shinsuke OHARA

    Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences   55 ( 2 )   123 - 132   2012年3月( ISSN:0549-3811 )

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本航空宇宙学会  

  • 繰り返し学習制御を用いた航空機線形モデルにおける空力微係数の同定 査読 重要な業績

    藤森篤,大原伸介

    計測自動制御学会産業論文集   10 ( 18 )   153 - 159   2011年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語  

  • Parameter Identification of Continuous-Time Systems Using Iterative Learning Control 査読 重要な業績

    Atsushi Fujimori,Shinsuke Ohara

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CONTROL AUTOMATION AND SYSTEMS   9 ( 2 )   203 - 210   2011年3月( ISSN:1598-6446 )

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A synthesis of reduced-order gain scheduling controllers for active flutter suppression 査読 重要な業績

    Atsushi Fujimori

    PROCEEDINGS OF THE INSTITUTION OF MECHANICAL ENGINEERS PART G-JOURNAL OF AEROSPACE ENGINEERING   222 ( 8 )   1149 - 1160   2008年11月( ISSN:09544100 )

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mobile robot formation control using a modified leader-follower technique 査読 重要な業績

    Atsushi Fujimori, T. Fujimoto and G. Bohacs

    Integrated Computer-Aided Engineering   15 ( 1 )   71 - 84   2008年1月( ISSN:1069-2509 )

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ゲインスケジューリングを用いた高アスペクト比翼の能動フラッタ制御 査読 重要な業績

    藤森篤・三浦恭平・松下洸

    日本航空宇宙学会論文集   55 ( 636 )   34 - 42   2007年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Model Identification of Linear Parameter Varying Aircraft Systems 査読 重要な業績

    Atsushi Fujimori and Lennart Ljung

    IMechE Journal of Aerospace Engineering   220 ( 4 )   337 - 346   2006年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Optimization of Static Output Feedback Using Substitutive LMI Formulation 査読 重要な業績

    Atsushi Fujimori

    IEEE Transactions on Automatic Control   49 ( 6 )   995 - 999   2005年6月( ISSN:0018-9286 )

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Navigation and Local Path Planning of Mobile Robots with Real-Time Map-Building 査読

    Atsushi Fujimori, Takafumi Murakoshi and Yoshinao Ogawa

    Integrated Computer-Added Engineering   11 ( 3 )   281 - 288   2005年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Descriptor Polytopic Model of Aircraft and Gain Scheduling State Feedback Control 査読

    Atsushi Fujimori

    Transactions on the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences   47 ( 156 )   138 - 145   2005年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Flight Control Design of an Unmanned Space Vehicle Using Gain Scheduling 査読

    Atsushi Fujimori, Fuyuto Terui and Peter N. Nikiforuk

    AIAA Journal of Guidance, Control and Dynamics   28 ( 1 )   96 - 105   2005年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Navigation of Mobile Robots with Collision Avoidance for Moving Obstacles 査読

    Atsushi Fujimori

    IMechE Journal of Systems and Control Engineering   219 ( 1 )   99 - 110   2005年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ゲインスケジューリングを用いた無人宇宙往還機の飛行制御系設計 (ν-gapを用いた動作点選択と局所多目的ゲインスケジューリングの提案) 査読

    藤森篤,梶谷明正,瀧戸克之,照井冬人

    日本航空宇宙学会論文集   51 ( 594 )   339 - 345   2003年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • Advances in Flight Control Systems 重要な業績

    Agneta Balint( 担当: 共著 範囲: -)

    Intech  2011年3月 

     詳細を見る

    担当ページ:-   記述言語:英語   著書種別:学術書

  • 飛行機の事典

    上野誠也他( 担当: 分担執筆 範囲: -)

    丸善  2009年12月 

     詳細を見る

    担当ページ:-   記述言語:日本語   著書種別:事典・辞書

  • ロバスト制御 重要な業績

    ( 範囲: -)

    コロナ社  2001年8月 

     詳細を見る

    総ページ数:263   担当ページ:1-263   記述言語:日本語   著書種別:学術書

講演・口頭発表等

  • リーダ・フォロワ法における複数移動ロボットの隊列形状遷移(優先度変更の有無による形状遷移の比較) 重要な業績

    久保田 悠斗, 藤森篤,大原伸介

    日本機械学会2023年年次大会  2023年9月  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:相模原  

  • 全天球カメラを用いたロバストなマーカ位置推定と移動ロボットの位置制御

    高橋 優,大原伸介,藤森篤

    日本機械学会2022年次大会  2022年9月  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:富山大学  

  • リーダ・フォロワ法における複数移動ロボットの隊列形状遷移

    大井 陸,久保田 悠斗, 藤森篤,大原伸介

    日本機械学会2022年次大会  2022年9月  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:富山大学  

  • 全天球カメラによるマーカ位置推定と移動ロボットの制御

    松下聖矢,大原伸介,藤森篤

    第63回自動制御連合講演会  2020年11月  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭(一般)  

    開催地:オンライン開催  

  • 壁状障害物回避を伴う複数移動ロボットの隊列制御

    大桐光太郎, 藤森篤,大原伸介

    日本機械学会2020年次大会  2020年9月  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭(一般)  

    開催地:名古屋大学  

  • ソナーセンサを有する移動ロボットの隊列制御と障害物回避

    藤森篤,細野敦士,大原伸介

    日本機械学会2019年年次大会  2019年9月  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭(一般)  

    開催地:秋田  

  • 魚眼カメラによる複数台移動ロボットの隊列制御

    大原伸介, 熊沢晃太, 松井涼, 藤森篤

    日本ロボット学会学術講演会  2019年9月  日本ロボット学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭(一般)  

    開催地:東京  

  • Formation Control of Multiple Mobile Robots with Large Obstacle Avoidance 国際会議

    Atsushi Fujimori, Atsushi Hosono, Kazuro Takahashi and Shinsuke Oh-hara

    The 15th International Conference on Control, Automation, Robotics and Vision (ICARCV 2018)  2018年11月  IEEE

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭(一般)  

    開催地:Singapore  

  • 複数台移動ロボットの隊列制御における大画家障害物回避

    細野敦士,高橋和郎, 藤森篤,大原伸介

    山梨講演会2018  2018年10月  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭(一般)  

    開催地:甲府  

  • アルコマーカを用いたクアッドロータと移動ロボットのフォーメーション制御

    浮海祐希, 山時脩平, 藤森篤,大原伸介

    山梨講演会2018  2018年10月  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭(一般)  

    開催地:甲府  

  • 大型障害物回避を伴う複数移動ロボットの隊列制御

    藤森篤,細野敦士,大原伸介

    日本機械学会2018年年次大会  2018年9月  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭(一般)  

    開催地:吹田  

  • Autonomous flight control system of quadrotor and its application to formation control with mobile robot 国際会議

    Atsushi Fujimori, Yu-uki Ukigai, Shuhei Santoki and Shinsuke Oh-hara

    12TH IFAC SYMPOSIUM ON ROBOT CONTROL - SYROCO 2018  2018年8月  IFAC

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭(一般)  

    開催地:Budapest, Hungary  

  • 魚眼カメラを用いた移動ロボットビジュアルフィードバック制御

    大原伸介, 磯貝大成, 藤森篤

    第62回システム制御情報学会研究発表講演会  2018年5月  システム制御情報学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭(一般)  

    開催地:京都  

  • クワッドロータと移動ロボットのフォーメーション制御

    山時脩平, 浮海祐希, 藤森篤, 大原伸介

    第62回システム制御情報学会研究発表講演会  2018年5月  システム制御情報学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭(一般)  

    開催地:京都  

  • カメラとソナーセンサを融合した移動ロボットによる人物追跡

    斉藤薫、大原伸介、藤森篤

    山梨講演会2016  2016年10月  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭(一般)  

    開催地:山梨大学  

  • 色不変量を用いた視覚情報に基づく移動ロボットの人物追従制御

    吉田和司,大原伸介,藤森篤

    山梨講演会2015  2015年10月  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭(一般)  

    開催地:山梨大学  

  • ビジュアルフィードバックによる移動ロボットの人物追従制御

    大原伸介,居山浩士,藤森篤

    第1回マルチシンポジウム  2014年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭(一般)  

    開催地:調布、電通大  

  • 移動ロボットの画像ベース人物追従制御

    居山浩士,大原伸介,藤森篤

    山梨講演会2013  2013年10月  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭(一般)  

    開催地:山梨大学  

  • 初期状態の影響を低減した繰り返し学習同定法と空力微係数推定への適用 重要な業績

    藤森篤,大原伸介

    第30回誘導制御シンポジウム  2013年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭(一般)  

    開催地:相模原, JAXA  

  • フィードフォワードコントローラの切り替えを用いた視覚情報に基づく移動ロボットの人物追従制御

    居山浩士,大原伸介,藤森篤

    第30回誘導制御シンポジウム  2013年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭(一般)  

    開催地:相模原, JAXA  

  • パーティクルフィルタを用いた自律移動ロボットの人物追従制御

    居山浩士,大原伸介,藤森篤

    山梨講演会2012  2012年10月  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭(一般)  

    開催地:山梨大学  

  • ソナーセンサを用いた移動ロボットの隊列制御法 重要な業績

    窪田陽,柴田尚哉,手塚能成,大原伸介,藤森篤

    山梨講演会2012  2012年10月  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭(一般)  

    開催地:山梨大学  

  • Estimation of Aerodynamic Derivatives in Aircraft Model Using Iterative Learning Identification

    Atsushi Fujimori and Shinsuke Ohara

    ICAS2012  2012年9月  ICAS

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭(一般)  

    開催地:Brisbane, Australia  

  • 推定インパルス応答を用いた繰り返し学習同定法と空力微係数推定への応用 重要な業績

    藤森篤,大原伸介

    第29回誘導制御シンポジウム  2012年5月  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭(一般)  

    開催地:筑波、筑波宇宙センター  

  • 視覚情報に基づいた小型無人ヘリコプタの自律飛行制御 重要な業績

    第28回誘導制御シンポジウム  2011年5月  計測自動制御学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭(一般)  

    開催地:山梨大学  

  • 多変数繰り返し学習同定法と航空機線形モデルにおける空力微係数の同定 重要な業績

    第28回誘導制御シンポジウム  2011年5月  計測自動制御学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭(一般)  

    開催地:山梨大学  

  • 繰り返し学習制御を用いた航空機線形モデルにおける安定微係数の同定 重要な業績

    藤森篤,大原伸介

    第53回自動制御連合講演会  2010年11月  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭(一般)  

    開催地:高知城ホール、高知  

  • コントローラ低次元手法による能動フラッタ抑止に対する低次元ゲインスケジューリング制御系設計

    藤森篤,中田光則,大原伸介

    第27回誘導制御シンポジウム  2010年5月  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭(一般)  

    開催地:東京都市大学  

  • ランク拘束LMIを用いた能動フラッタ抑止のための低次元ゲインスケジューリング制御器設計 重要な業績

    藤森篤,中田光則

    第52回自動制御連合講演会  2009年11月  システム制御情報学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭(一般)  

    開催地:大阪大学  

  • ランク拘束LMIを用いた低次元ゲインスケジューリング飛行制御器設計

    藤森篤, 米山浩司

    第26回誘導制御シンポジウム  2009年5月  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭(一般)  

    開催地:防衛大学校  

  • 平衡化低次元法に基づいたポリトープモデルの次数低減

    藤森篤

    第51回自動制御連合講演会  2008年11月  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭(一般)  

    開催地:米沢  

  • 能動フラッタ抑止に対する低次元ゲインスケジューリング制御系設計 重要な業績

    藤森篤

    第25回誘導制御シンポジウム  2008年5月  SICE

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭(一般)  

    開催地:福岡  

  • マップ生成を伴った移動ロボットの誘導制御と経路計画 重要な業績

    藤森篤

    山梨講演会2007  2007年10月  日本機械学会山梨支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭(一般)  

    開催地:山梨大学  

  • Autonomous Flight Control System for Longitudinal Motion of a Helicopter 重要な業績

    Atsushi Fujimori and Kyohei Miura

    SICE Annual Conference 2007  2007年9月  SICE

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭(一般)  

    開催地:高松  

  • ゲインスケジューリングを用いた高アスペクト比翼の能動フラッタ制御 重要な業績

    藤森篤・三浦恭平・松下洸

    第44回飛行機シンポジウム  2006年10月  日本航空宇宙学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭(一般)  

    開催地:さいたま  

  • Formated Navigation of Mobile Robots with Obstacle Avoidance 重要な業績

    Atsushi Fujimori, Tomoya Saito and Gabor Bohacs

    RAM2006  2006年6月  IEEE

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭(一般)  

    開催地:Bangkok, Thailand  

  • A Gain Scheduling Control of Nonlinear Systems along a Reference Trajectory

    Atsushi Fujimori, Svante Gunnarsson and Mikael Norrlof

    16th IFAC Worid Congress  2005年7月  IFAC

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:英語   会議種別:その他  

    開催地:Prague, Czech Republic  

  • Formated Navigation of Mobile Robots Using Distributed Leader-Follower Control

    Atsushi Fujimori, Takeshi Fujimoto and Gabor Bohacs

    16th IFAC World Congress  2005年7月  IFAC

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭(一般)  

    開催地:Prague, Czech Republic  

  • A Polytopic Modeling of Aircraft by Using System Identification

    Atsushi Fujimori and Lennart Ljung

    Proceedings of 5th International Conference on Control and Automation  2005年6月  IEEE

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭(一般)  

    開催地:Budapest, Hungary  

  • A POLYTOPIC MODEL OF AIRCRAFT AND GAIN SCHEDULING STATE FEEDBACK CONTROL

    Atsushi Fujimori

    ICAS2004  2004年8月  ICAS

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭(一般)  

    開催地:Yokohama  

▼全件表示

Works(作品等)

  • Multivariable Active Flutter Suppression Systems Using H Control and LQG with Frequency-Dependent Weight Syntheses

    1994年

  • Intelligent Control for Systems with Large Parameter Perturbations Using Multilayered Neural Networks

    1994年

  • A Synthesis of Reduced-Order H Controllers for Active Flutter Suppression Systems

    1993年

  • Parametrizations of Stabilizing Compensators by Using Reduced-Order Observers

    1989年

上記以外の発表の総数

  • 2006年度

    記述済以外の発表総数:0  本人が第一発表者の数:3  本人が第一発表者以外の数:2

学外あるいは所属学部等外の組織との共同研究

  • 分野横断型融合研究プロジェクト

    教育学部、生命環境学部、医学部、名古屋大学

    2016年04月01日 - 2019年03月31日  分担

     詳細を見る

    集団技における協応行為のロボットシステムへの応用を担当

担当授業科目(学内)

  • 制御工学I 重要な業績

    2023年度

  • 機械力学・制御特論 重要な業績

    2023年度

  • 機械力学・制御特論 重要な業績

    2022年度  科目区分:修士(大学院)

  • 制御工学I 重要な業績

    2022年度

  • 振動制御特論 重要な業績

    2022年度  科目区分:博士(大学院)

  • 応用数学 重要な業績

    2022年度  科目区分:専門教育(学部)

  • 制御工学II 重要な業績

    2022年度  科目区分:専門教育(学部)

  • 制御工学II 重要な業績

    2021年度  科目区分:専門教育(学部)

  • 応用数学 重要な業績

    2021年度

  • 振動制御特論 重要な業績

    2021年度  科目区分:博士(大学院)

  • 制御工学I 重要な業績

    2021年度

  • 機械力学・制御特論 重要な業績

    2021年度  科目区分:修士(大学院)

  • 制御工学II 重要な業績

    2020年度  科目区分:専門教育(学部)

  • 応用数学 重要な業績

    2020年度  科目区分:専門教育(学部)

  • 制御工学I 重要な業績

    2020年度  科目区分:専門教育(学部)

  • 機械力学・制御特論 重要な業績

    2020年度  科目区分:修士(大学院)

  • 機械工学研究第二B

    2019年度  科目区分:修士(大学院)

  • 機械工学演習第一B

    2019年度  科目区分:修士(大学院)

  • 機械工学研究第一B

    2019年度  科目区分:修士(大学院)

  • 機械工学演習第二B

    2019年度  科目区分:修士(大学院)

  • 機械工学演習第一A

    2019年度  科目区分:修士(大学院)

  • 機械工学研究第一A

    2019年度  科目区分:修士(大学院)

  • 機械工学研究第二A

    2019年度  科目区分:修士(大学院)

  • 機械工学演習第二A

    2019年度  科目区分:修士(大学院)

  • 技術英語Ⅱ 重要な業績

    2019年度  科目区分:専門教育(学部)

  • 機械工学研究第二B

    2017年度  科目区分:修士(大学院)

  • 機械工学演習第一B

    2017年度  科目区分:修士(大学院)

  • 機械工学研究第一B

    2017年度  科目区分:修士(大学院)

  • 機械工学研究第二B

    2017年度  科目区分:修士(大学院)

  • 機械工学演習第二B

    2017年度  科目区分:修士(大学院)

  • 機械工学研究第一A

    2017年度  科目区分:修士(大学院)

  • 技術英語Ⅱ 重要な業績

    2017年度  科目区分:専門教育(学部)

  • 機械工学演習第一A

    2017年度  科目区分:修士(大学院)

  • 機械工学研究第一A

    2017年度  科目区分:修士(大学院)

  • 機械工学研究第二A

    2017年度  科目区分:修士(大学院)

  • 機械工学演習第二A

    2017年度  科目区分:修士(大学院)

  • 制御工学Ⅰ 重要な業績

    2017年度  科目区分:専門教育(学部)

  • 機械工学演習第一B

    2016年度  科目区分:修士(大学院)

  • 機械工学研究第一B

    2016年度  科目区分:修士(大学院)

  • 機械システム工学研究第二B

    2016年度  科目区分:修士(大学院)

  • 機械システム工学演習第二B

    2016年度  科目区分:修士(大学院)

  • 制御工学II 重要な業績

    2016年度  科目区分:専門教育(学部)

  • 応用数学 重要な業績

    2016年度  科目区分:専門教育(学部)

  • 技術英語Ⅱ 重要な業績

    2016年度  科目区分:専門教育(学部)

  • 機械工学基礎ゼミ

    2016年度  科目区分:共通教育(学部)

  • 機械力学・制御特論 重要な業績

    2016年度  科目区分:修士(大学院)

  • 機械工学演習第一A

    2016年度  科目区分:修士(大学院)

  • 機械工学研究第一A

    2016年度  科目区分:修士(大学院)

  • 機械システム工学研究第二A

    2016年度  科目区分:修士(大学院)

  • 機械システム工学演習第二A

    2016年度  科目区分:修士(大学院)

  • 制御工学Ⅰ 重要な業績

    2016年度  科目区分:専門教育(学部)

  • 制御工学Ⅰ 重要な業績

    2015年度  科目区分:専門教育(学部)

  • ロバスト制御特論 重要な業績

    2015年度  科目区分:修士(大学院)

  • 振動制御特論 重要な業績

    2015年度  科目区分:博士(大学院)

  • 制御工学Ⅱ 重要な業績

    2015年度  科目区分:専門教育(学部)

  • 振動工学

    2013年度  科目区分:専門教育(学部)

  • 制御工学

    2013年度  科目区分:専門教育(学部)

  • 機構学

    2011年度  科目区分:専門教育(学部)

  • これからの機械技術

    2010年度  科目区分:共通教育(学部)

▼全件表示

指導実績

  • 2023年度

    種別:修士(専攻科Bコース)学位論文指導

    指導人数 :4人 

    卒業/修了/学位取得人数 :4人 

    担当教員数:1人

  • 2023年度

    種別:学部(専攻科Aコース)卒業論文指導

    指導人数 :6人 

    卒業/修了/学位取得人数 :6人 

    担当教員数:1人

  • 2011年度

    種別:学部(専攻科Aコース)卒業論文指導

    指導人数 :5人 

    卒業/修了/学位取得人数 :5人 

    担当教員数:1人

     詳細を見る

    システム制御に関する研究、移動ロボットの制御に関する研究

  • 2010年度

    種別:学部(専攻科Aコース)卒業論文指導

    指導人数 :6人 

    卒業/修了/学位取得人数 :6人 

    担当教員数:1人

     詳細を見る

    システム制御に関する研究、移動ロボットの制御に関する研究

  • 2009年度

    種別:学部(専攻科Aコース)卒業論文指導

    指導人数 :6人 

    卒業/修了/学位取得人数 :5人 

    担当教員数:1人

     詳細を見る

    システム制御に関する研究、移動ロボットの制御に関する研究

  • 2008年度

    種別:学部(専攻科Aコース)卒業論文指導

    指導人数 :7人 

    卒業/修了/学位取得人数 :7人 

    担当教員数:1人

     詳細を見る

    システム制御に関する研究、移動ロボットの制御に関する研究

  • 2007年度

    種別:学部(専攻科Aコース)卒業論文指導

    指導人数 :5人 

    卒業/修了/学位取得人数 :4人 

    担当教員数:1人

     詳細を見る

    制御工学に関する研究

  • 2006年度

    種別:修士(専攻科Bコース)学位論文指導

    指導人数 :2人 

    卒業/修了/学位取得人数 :1人 

    担当教員数:1人

     詳細を見る

    修士論文の研究について指導した。

▼全件表示

教育実績

  • 進学ガイダンス

    2010年05月17日 - 継続中

     詳細を見る

    山梨大学の紹介と入試制度の説明を行った。

  • 高校訪問

    2009年07月16日 - 継続中

     詳細を見る

    平成22年度入試について説明し受験の勧誘をお願いした。

  • 高校訪問

    2009年07月16日 - 継続中

     詳細を見る

    平成22年度入試について説明し受験の勧誘をお願いした。

  • 高校訪問

    2009年07月16日 - 継続中

     詳細を見る

    平成22年度入試について説明し受験の勧誘をお願いした。

  • 高校訪問

    2008年11月08日 - 継続中

     詳細を見る

    平成21年度入試について説明し受験の勧誘をお願いした。

  • 高校訪問

    2008年07月15日 - 継続中

     詳細を見る

    平成21年度入試について説明し受験の勧誘をお願いした。

  • 高校訪問

    2008年07月14日 - 継続中

     詳細を見る

    平成21年度入試について説明し受験の勧誘をお願いした。

  • 高校訪問

    2008年07月14日 - 継続中

     詳細を見る

    平成21年度入試について説明し受験の勧誘をお願いした。

▼全件表示

教科書・教材

  • 応用数学

    全著者名/全訳者名:藤森篤

    出版社:三恵社  出版社都市名:名古屋  2022年10月01日

    全ページ数:100  1 - 100

     詳細を見る

    第3版

  • ロバスト制御

    全著者名/全訳者名:藤森篤

    出版社:コロナ社  出版社都市名:東京  2001年08月01日

    全ページ数:263  1 - 263

修士・博士論文審査

  • 2022年度

    主査副査分類:主査

    修士 :1人 

    課程博士 :1人 

  • 2022年度

    主査副査分類:副査

    修士 :6人  (内 留学生):1人

  • 2021年度

    主査副査分類:副査

    修士 :5人 

    課程博士 :2人 

  • 2021年度

    主査副査分類:主査

    修士 :2人  (内 留学生):1人

    課程博士 :1人 

  • 2020年度

    主査副査分類:主査

    修士 :3人 

    課程博士 :1人 

  • 2020年度

    主査副査分類:副査

    修士 :5人 

  • 2018年度

    主査副査分類:副査

    修士 :4人 

    課程博士 :1人 

  • 2018年度

    主査副査分類:主査

    修士 :2人 

  • 2017年度

    主査副査分類:主査

    修士 :1人 

  • 2017年度

    主査副査分類:副査

    修士 :3人 

  • 2016年度

    主査副査分類:副査

    修士 :3人 

  • 2016年度

    主査副査分類:主査

    修士 :1人 

  • 2015年度

    主査副査分類:副査

    修士 :3人 

  • 2015年度

    主査副査分類:主査

    修士 :2人 

  • 2012年度

    主査副査分類:副査

    論文博士 :1人 

  • 2012年度

    主査副査分類:主査

    修士 :2人 

  • 2011年度

    主査副査分類:副査

    修士 :2人 

    課程博士 :1人 

  • 2011年度

    主査副査分類:主査

    修士 :8人 

  • 2010年度

    主査副査分類:副査

    修士 :3人 

    課程博士 :0人 

    論文博士 :0人 

  • 2010年度

    主査副査分類:主査

    修士 :4人 

    課程博士 :0人 

    論文博士 :0人 

▼全件表示

社会貢献活動

  • 出張講義

    日川高校  日川高校  2019年12月

     詳細を見る

    制御工学に関する導入的な説明と山梨大学の紹介を行った。
    講義名:「制御工学とは」

  • 出張講義

    日川高校  日川高校  2018年12月

     詳細を見る

    制御工学に関する導入的な説明と山梨大学の紹介を行った。
    講義名:「制御工学とは」

  • 講師

    防衛大学校  2013年6月 - 現在

     詳細を見る

    (講義等の内容)
    システムのモデリングと制御器設計

  • 講師

    高度ポリテクセンター  2006年12月 - 現在

     詳細を見る

    (講義等の内容)
    ロバスト制御の基礎と応用

  • 非常勤講師

    福井大学大学院  2006年9月 - 現在

     詳細を見る

    (講義等の内容)
    ロバスト制御とその応用について
    (実働単位数)
    1

  • 客員教授

    静岡大学  2006年 - 現在

     詳細を見る

    (講義等の内容)
    航空工学(昼間コース)、航空工学(夜間主コース)、大学院生の研究指導

  • 非常勤講師

    福井大学大学院  2003年9月 - 現在

     詳細を見る

    (講義等の内容)
    ロバスト制御と航空宇宙への応用
    (実働単位数)
    1

  • タマサート大学工学部拡充計画

    1998年8月 - 2000年11月

     詳細を見る

    (相手方国名)
    タイ王国
    (相手側機関名)
    タマサート大学
    (日本側機関名)
    JICA
    (本人の役割)
    機械工学科短期専門家

▼全件表示

国際交流・国際貢献

  • 2006年度  種別:国際交流、地域交流支援、留学生と日本人学生の交流支援

    第2回諏訪圏産学リエゾンフェアに講師として参加

所属学協会

  • 日本機械学会

    1989年2月 - 現在

  • 計測自動制御学会

    1987年7月 - 現在

  • 日本航空宇宙学会

    1985年6月 - 現在

  • American Institute of Aeronatics and Astronatics (AIAA)

委員歴

  • 計測自動制御学会 移動体の自律的誘導制御調査研究会   委員  

    2011年1月 - 2012年12月   

  • 日本航空宇宙学会・会誌編集委員   委員  

    2009年3月 - 2011年3月   

  • 日本航空宇宙学会・飛行力学部門   部門長  

    2009年3月 - 2011年2月