Updated on 2024/06/30

写真a

 
Nakamoto Kohichiroh
 
Organization
Educational Organization Liberal Arts Education Management Office Professor
Title
Professor
Contact information
メールアドレス
Profile
日英語を対象とした認知言語学を専門としています。認知言語学は言語学の一分野とされていますが、ことばの意味や用法の記述だけでなく、それらを介して人間の精神や文化、社会へと考察を進めます。その意味で心理学、社会学、人類学に近いといえるかもしれません。私たちは日々ことばを用いて何をしているのか、世界をどのように認識しているのか、他者といかに関係を切り結んでいるのかといった問題に関心を持っています。 具体的な担当科目は、日本語教員養成プログラムにおける導入科目「日本語教育概論」、日本語の文法を基礎から学ぶ「日本語の文法」、第二言語習得や言語理解のメカニズムについて考える「言語心理学」「言語習得論」などです。また、教養教育センターでは、初年次教育科目「大学生のための言語表現」と留学生のための日本語科目を担当しています。日本語教育に関心のある人、日本語のしくみに興味のある人、深く人間の言葉について考えてみたい人、一緒に言葉の大海を泳いでみませんか。

Other affiliation

  • Human Science (Language Education)  professor

Research History

  • National Institute of Information and Communications Technology, Japan

    2001.12 - 2006.3

  • Osaka University of Foreign Studies

    2001.4 - 2008.3

  • Kyoto University of Education

    2004.4 - 2008.3

  • Kinki University

    2005.4 - 2008.3

  • The Open University of Japan

    2020.4 - 2025.3

Education

  • Hiroshima University   School of Education   Teaching Japanese as a Second Language

    1987.4 - 1994.3

      More details

    Country: Japan

    Course: Others

  • Sophia University   Graduate School of Languages and Linguistics

    1994.4 - 1996.3

      More details

    Country: Japan

    Course: Doctor prophase

  • Kyoto University   Graduate School of Human and Environmental Studies   Cognitive Science

    1996.4 - 1998.3

      More details

    Country: Japan

    Course: Doctor prophase

  • Kyoto University   Graduate School of Human and Environmental Studies   Cognitive Science

    1998.4 - 2001.3

      More details

    Country: Japan

    Course: Doctor later

Degree

  • B.A(Education) ( 1994.3   Hiroshima University )

  • M.A.(Linguistics) ( 1996.3   Sophia University )

  • M.A.(Human and Environmental Studies) ( 1998.3   Kyoto University )

  • Ph.D.(Human and Environmental Studies) ( 2005.3   Kyoto University )

Current state of research and teaching activities

  • グローバル化する現代社会において、日本の学校でも学習者の多様化が進んでおり、外国人児童生徒等教育について専門的知識を備えた教員の育成が課題となっています。こうした現状を踏まえ、山梨大学教育学部では日本語教員養成プログラムを立ち上げ、外国につながる子どもたちを支援することができる人材の養成を行っています。

Research Areas

  • Humanities & Social Sciences / Japanese language education  / Teaching of Japanese as a Second Language

  • Humanities & Social Sciences / Japanese linguistics  / Grammar and Lexicon in Japanese Language

  • Humanities & Social Sciences / Linguistics  / Cogniive Linguistics

Research Interests

  • Cognitive Linguistics, Embodiment, Metaphor

  • Ecological Psychology, Affordance

  • Semantics/Pragmatics, Narrative Analysis

Subject of research

  • Language and Environment

  • Narrative we live by

  • Words and Esthetics

Research Projects

  • 語りの構造化・反復・共話を可能にするナラティブ・リアリティの認知言語学的解明

    2015.4 - 2018.3

    文部科学省  科学研究費  基盤研究C

    仲本康一郎、岡本雅史、加藤(保田)倖

      More details

    Authorship:Principal investigator  Type of fund::Science research expense

  • 語りの生成と変容のダイナミズムに関する認知語用論的研究

    2018.4 - 2023.3

    文部科学省  科学研究費  基盤研究C

    仲本康一郎、岡本雅史、加藤(保田)倖

      More details

    Authorship:Principal investigator  Type of fund::Science research expense

  • 日英対照マルチモーダル音声対話データベースの作成:応用認知言語学の観点から

    2010.4 - 2013.3

    文部科学省  科学研究費  基盤研究C

    仲本康一郎、吉田悦子,仲本康一郎

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s)  Type of fund::Science research expense

  • 英語対話教材開発のためのマルチモーダルデータベースの構築とその利用

    2014.4 - 2017.3

    文部科学省  科学研究費  基盤研究C

    谷村緑、吉田悦子,仲本康一郎

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s)  Type of fund::Science research expense

  • 英語対話教材開発のための相互行為プロセスの分析:非言語情報を中心に

    2017.4 - 2020.3

    科学研究費  基盤研究C

    谷村緑、吉田悦子,仲本康一郎

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s)  Type of fund::Science research expense

  • 「語り」を多元化・相互行為化する物語標識の認知語用論研究  Major achievement

    Grant number:23K00522  2023.4 - 2026.3

    文部科学省  科学研究費  基盤研究C

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive  Type of fund::Science research expense

  • 名目的指向の多人数・異文化会話コーパスの構築―共通語としての英語における相互行為  Major achievement

    Grant number:20K00762  2020.4 - 2024.3

    文部科学省  科学研究費  基盤研究C

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s)  Grant type:Competitive  Type of fund::Science research expense

▼display all

Papers

  • Embodied Space and Accessibility Phenomena Reviewed

    Koichiro Nakamoto

    Journal of Ecological Psychology, Japan   ( 3 )   23 - 34   2008.12( ISSN:1349-0443 )

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:日本生態心理学会  

  • Affordance Theoretic Interpretation of Adjectival Expressions Reviewed

    Koichiro Nakamoto

    Studies in Pragmatics   ( 2 )   50 - 64   2000.12( ISSN:13457365 )

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • Different Cultures Construct Diffiernt Metaphors: From a Cognitive Linguisitic Perspective Reviewed

    Midori Tanimura, Koichiro Nakamoto

    JACET Journal   ( 45 )   95 - 109   2007.10( ISSN:02858673 )

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Japan Association of College English Teachers (JACET)  

  • Metaphor Help Students Comprehend Poetry: From a Cognitive Linguistic Perspective Reviewed

    Midori Tanimura, Koichiro Nakamoto

    JACET Journal   ( 48 )   81 - 93   2009.3( ISSN:02858673 )

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Japan Association of College English Teachers (JACET)  

  • Quantity Expressions In Japanese: Pursuit of Ecological Basis

    Koichiro Nakamoto

        ( 20 )   190 - 200   2015.3

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  • Language of Kwansei 1: Onomatopoeia Reconsidered

    Koichiro Nakamoto

    ( 5 )   3 - 14   2010.3( ISSN:18810292 )

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Publisher:International Student Center, University of Yamanashi  

  • Synesthetic Expressions in Japanese

    Koichiro Nakamoto

        ( 19 )   42 - 53   2012.8

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  • A Variety of Emotional Expressions in Japanese

    Koichiro Nakamoto

        ( 21 )   198 - 211   2016.3

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  • Force-dynamic Adjectives in Japanese

    Koichiro Nakamoto

    Proceedings of Kansai Linguistic Society   ( 19 )   10 - 20   1999.10

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Publisher:Kansai Linguistic Society  

    人間の圧覚を反映する形容詞に関して、語彙意味論の観点から、構文的な特徴を記述した。具体的には、これらの形容詞が、物体間の潜在的な力関係――攻撃力と抵抗力を表わすことを指摘し、構文的にはガ格とニ格から構成される二項述語として具現化することを、相互作用的属性という観点から説明した。

    DOI: 10.14989/66941

  • Temporala Adjectives in Japanese

    Koichiro Nakamoto

    Proceedings of Kansai Linguistic Society   ( 20 )   109 - 119   2000.10

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Publisher:Kansai Linguisitic Society  

    日本語の時間認知を反映する形容詞が、事物の新旧に関する形容詞と速度や時期を問題にする形容詞に大別されることを指摘し、それらを事態局面と時間局面、またその相関に言及する概念であることを主張した。加えて、そのバリエーションとして実際年齢・精神年齢・外見年齢のズレを表わす概念についても同様の観点から考察した。

    DOI: 10.14989/66946

  • Properties, Actions and Meaning: A Frame-semantic Approach

    Koichiro Nakamoto

    Japanese Language and Culture   ( 32 )   39 - 61   2006.5( ISSN:09135359 )

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Publisher:Center for Japanese Language and Culture, Osaka University of Foreign Languages  

    形容詞の意味構造を、主体による能動的な活動の文脈のなかで発現する概念として記述する枠組みを提供した。具体的には、Filmoreのフレーム意味論を参照することで文脈を考慮した形容詞の意味記述の方法を提案し、そこから比喩や物語といったマクロの言語現象も分析できるようになることを例証した。

    DOI: 10.18910/8627

  • Phase Interpretation and Aspectual Phenomena: An Ecological Psychological Perspective

    Koichiro Nakamoto

    Japanese Language and Culture   ( 33 )   17 - 36   2007.5( ISSN:09135359 )

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Publisher:Center for Japanese Language and Culture, Osaka University of Foreign Languages  

    生態心理学の実在論に立ち、形容詞に代表される概念が、変化する環境としての事象の局面に言及することを主張した。具体的には、従来日本語学で議論されてきた未然相、既然相、中断相といった局面の概念が、生態学的事象をもとに知覚され、概念化される形式であることを具体的な言語事象から立証した。

    DOI: 10.18910/6179

  • What afford us to perceive time and event?

    Koichiro Nakamoto

    Bulletin of Education in the University of Yamanashi   12   315 - 326   2011.3( ISSN:18825923 )

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Publisher:School of Education, University of Yamanashi  

  • Metonymy Reconsidered

    Koichiro Nakamoto

        13   302 - 320   2012.3

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Publisher:School of Education, University of Yamanashi  

  • Fuzzy Semantics 1 Fuzzy Semantics 2

    Koichiro Nakamoto

        15   143 - 165   2014.3

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Publisher:School of Education, University of Yamanashi  

  • Adjective: A View form Linguistic Typology and Cognitive Linguistics Part 1 Adjective: ADJECTIVE: A View form Linguistic Typology and Cognitive Linguistics Part 2

    Koichiro Nakamoto

        ( 25 )   281 - 292   2017.3

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Publisher:School of Education, University of Yamanashi  

  • Classifying Adjectives in Contemporary Japanese

    Koichiro Nakamoto

        16   83 - 92   2015.3

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Publisher:School of Education, University of Yamanashi  

  • Scalar structures of Adjectives

    Koichiro Nakamoto

        14   42 - 53   2013.3

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Publisher:School of Education, University of Yamanashi  

  • Evaluative Phases and Interpretative Tiers

    Koichiro Nakamoto

    Proceeding of the 12th Annual Conference of the Pragmatic Society of Japan   ( 5 )   89 - 96   2010.12( ISSN:1881445X )

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Publisher:The Pragmatic Society of Japan  

  • Japanese Expressions that Include English Expressions Reviewed

    Masaki Murata, Toshiyuki Kanamaru, Koichirou Nakamoto, Katsunori Kotani, and Hitoshi Isahara

    Proceedings of the 21st Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation   ( 21 )   330 - 339   2007.11

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)   Publisher:The Korean Society for Language and Information (KSLI)  

    DOI: http://hdl.handle.net/2065/29116

    Other Link: http://www.aclweb.org/anthology/Y07-1034

  • 初心者のための翻訳の授業――日英対照言語学と認知言語学の観点から

    谷村緑, 仲本康一郎, レベッカ・カルマン

    京都外国語大学研究論叢   ( 77 )   13 - 28   2011.7

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Publisher:京都外国語大学  

    本論文は、応用認知言語学に基づく大学生のための英日翻訳の授業実践報告である。実際の授業では、認知言語学の観点から、日英語の表現構造の違いを学習者に提示し、それぞれの言語に特徴的な発想を意識化させることで、従来までの形式重視の処方的な言い換えをこえた、応用力の高い翻訳技術の習得をうながした。

  • メタファーで学ぶイディオム――指導用教材

    谷村緑, 仲本康一郎, レベッカ・カルマン

    京都外国語大学研究論叢   ( 85 )   25 - 43   2015.7

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Publisher:京都外国語大学  

    本論文は、応用認知言語学に基づく語彙指導用教材を作成し、その学習効果を検証したものである。従来までの伝統的な指導法の問題点を踏まえ、語彙の発想を支えるイメージ図式、概念メタファーに基づく関連表現、文脈情報を考慮した会話文の三つを作成し、一見無意味な語の集まりに見えるイディオムを効果的に学習する方法を提案した。

  • Designing Classroom Activities for Learning Idioms: Comparing Metaphor Awareness Method and Translation Method

    Midori Tanimura, Koichiro Nakamoto, Rebecca Calman

        ( 89 )   129 - 146   2017.7

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Publisher:Kyoto University of Foreign Languages  

  • An Essay on Cognitive Narratology: Pursuit of the Narrative Meaning Major achievement

    Koichiro Nakamoto

        ( 22 )   135 - 149   2018.2

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  • Exploring Narrative Reality from a Cognitive Pragmatic Perspective: With Special Reference to Structuring, Collaboration and Repetition in Narrative

    Koichiro Nakamoto, Masashi Okamoto, Sachi Kato

    Proceedings of the 20th Conference of the Pragmatics Society of Japan   ( 13 )   307 - 314   2018.7

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:The Pragmatic Society of Japan  

  • Force-dynamic Analysis of Interaction Concepts with Special Reference to Psychological Conflict

    Koichiro Nakamoto

        ( 23 )   102 - 115   2020.2

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  • Creating goal-oriented multicultural, multiparty corpus using LEGO Reviewed

    Midori Tanimura, Kazuhiro Takeuchi, Etuko Yoshida, Koichiro Nakamoto

    IEICE Technical Report   119 ( 114 )   37 - 42   2019.7

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers  

  • Stance Taking in Goal-oriented Multicultural Multiparty Corpus Using Lego Reviewed

    Midori Tanimura, Kazuhiro Takeuchi, Etuko Yoshida, Koichiro Nakamoto, Masataka Yamaguchi

    IEICE Technical Report   119 ( 484 )   32 - 38   2020.3( ISSN:0913-5685 )

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers  

  • Analysis of Results of Placement Tests and the First Year Education Reviewed

    Masahisa SATOA, Haruo Takiguchi, Masaki OMATA ,Koichiro NAKAMOTO,Masanobu Yoshikawa,Hiroki MIYAHARA, Tatsuhiko HINAGA

        11 ( 1 )   50 - 58   2017.2( ISSN:1881-0470 )

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:The Japan Association of the Developmental Education  

    本論文では、高大接続システム構築に向けて、大学での学びに必要な学力を検証し、初年次教育へと接続するための山梨大学の取り組み事例を紹介した。筆者が担当した日本語に関しては、本学で実施した日本語プレイスメントテストに見る言語力の分析、及び本学ホームページに立ち上げた「日本語リテラシー」の試みを紹介した。

    DOI: 10.18950/jade.11.1_50

▼display all

Books and Other Publications

  • はじめて学ぶ認知言語学 ことばの世界をイメージする14章

    児玉一宏, 深田 智, 仲本康一郎(他著)( Role: Joint Work第4章 語彙の世界)

    ミネルヴァ書房  2020.9   ISBN:978-4623088706

     More details

    Total pages:316   Language:Japanese   Book type:Textbook, survey, introduction

    本書は、認知言語学の視点から、ことばの様々な側面にアプローチすることで、ことばを学ぶ面白さ、奥深さを発見できる教科書です。

  • 概念化と意味の世界――認知意味論のアプローチ

    深田智, 仲本康一郎( Role: Joint Work)

    研究社  2008.5   ISBN:978-4327237035

     More details

    Total pages:316   Language:Japanese   Book type:Scholarly book

    本講座は、認知言語学の最前線を解説することを目的とするものであり、本巻では、認知意味論の観点から概念化と意味の問題を考察している。具体的には、伝統文法から認知言語学までの意味論の史的展開、知識構造に基づくカテゴリー化と意味の分化、言語の創造性の反映としての比喩、文法化・意味拡張から見た意味変化について解説した。

  • メタファーで読み解く英語のイディオム

    谷村 緑、仲本康一郎、レベッカ・カルマン( Role: Joint Work)

    開拓社  2022.5 

     More details

    Total pages:172   Responsible for pages:172(共筆)   Language:Japanese   Book type:Scholarly book

    本書は、英語のイディオムを認知言語学の概念メタファーを用いて分析した本です。英語学習の参考書であるとともに、認知言語学に基づく学術的考察を行っています。

  • Prospective Cognition and its Linguistic Realization

    Koichiro Nakamoto( Role: Contributor)

    2009.9   ISBN:978-4-8947-6482-8

     More details

    Total pages:335   Responsible for pages:81-124   Language:Japanese   Book type:Scholarly book

  • Retrospective Cognition and its Linguistic Realization

    Koichiro Nakamoto( Role: Contributor)

    2008.9   ISBN:978-4-8947-6415-6

     More details

    Total pages:665   Responsible for pages:15-29   Language:Japanese   Book type:Scholarly book

  • Fuzzy Semantics

    Koichiro Nakamoto( Role: Contributor)

    2020.3   ISBN:978-4-8947-6670-9

     More details

    Total pages:26   Responsible for pages:287-312   Language:Japanese   Book type:Scholarly book

  • A Semantic Analysis of Japanese Polysemous Adjective "Kitui"

    Koichiro Nakamoto( Role: Contributor)

    2013.4   ISBN:978-4-8947-6631-0

     More details

    Total pages:714   Responsible for pages:23-38   Language:Japanese   Book type:Scholarly book

  • Semantics of Work: Making the Map of Time

    Koichiro Nakamoto( Role: Contributor)

    2020.3   ISBN:978-4-7589-2282-1

     More details

    Total pages:11   Responsible for pages:208-218   Language:Japanese   Book type:Scholarly book

  • Spatial Cognition, Force Dynamics, Classifier

    Koichiro Nakamoto( Role: Contributor)

    2019.10   ISBN:978-4254510584

     More details

    Total pages:841   Language:Japanese   Book type:Dictionary, encyclopedia

  • Academic Japanese as a Freshman Education: An Attempt of the University of Yamanashi

    Koichiro Nakamoto( Role: Contributor)

    2018.3   ISBN:978-4-7795-1250-6

     More details

    Total pages:8   Responsible for pages:21-28   Language:Japanese   Book type:Scholarly book

▼display all

Presentations

  • 物語標識―ストーリーを構造化する装置 Invited Major achievement

    仲本康一郎

    京都言語学コロキアム第10回年次大会  2013.8  山梨正明

     More details

    Event date: 2013.8

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation(general)  

    Venue:京都大学  

  • 心の葛藤と言語表現—力動性をめぐって Invited Major achievement

    仲本康一郎

    京都言語学フォーラム第4回研究会  2023.3  山梨正明

     More details

    Event date: 2023.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation(general)  

    Venue:京都大学  

  • 認知語用論に基づくナラティブ・リアリティの解明に向けて―語りの構造化・共話・反復から見えること Major achievement

    仲本康一郎,岡本雅史,加藤祥

    日本語用論学会第20回大会(20周年記念大会)  2017.12  日本語用論学会

     More details

    Event date: 2017.12

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium workshop panel(public)  

    Venue:京都工芸繊維大学  

  • Situated Language: An Ecological Psychological Approach Invited

    Tetsuya Kono, Akira Honda, Masayoshi Someya, Koichiro Nakamoto

    The 75th Conference of the Japanese Psychological Association  2011.9  The Japanese Psychological Association

     More details

    Event date: 2011.9

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium workshop panel(public)  

    Venue:Nihon University  

  • Evaluative Phases and Interpretive Tiers Invited

    Koichiro Nakamoto

    The 12th Conference of the Pragmatics Society of Japan  2009.12  The Pragmatics Society of Japan

     More details

    Event date: 2009.12

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation(invited, special)  

    Venue:Ryukoku University  

  • 日英対照から考える翻訳の授業

    谷村緑, 仲本康一郎

    第48回JACET全国大会  2009.9  大学英語教育学会

     More details

    Event date: 2009.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation(general)  

    Venue:北海学園大学  

  • 調査3 研修内容に関する調査―期待される研修

    仲本康一郎

    日本語教育学会主催シンポジウム「外国人児童生徒等教育を担う教員・支援員の資質能力の育成―モデルプログラム開発に向けて―」  2018.2  公益社団法人日本語教育学会

     More details

    Event date: 2018.2

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium workshop panel(nominated)  

    Venue:学習院大学  

  • 外国人児童生徒等教育の現場は、担当教員の資質・能力として、何を重視しているのか Major achievement

    中川佑治・仲本康一郎

    2018年度日本語教育学会春季大会  2018.5  日本語教育学会

     More details

    Event date: 2018.5

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:東京外国語大学府中キャンパス  

  • 教師教育の課題と可能性―外国人児童生徒等教育を担う教員の養成と研修に焦点を当てて― Major achievement

    金田智子, 菅原雅枝, 仲本康一郎, 鎌田美千子

    2020年度日本語教育学会春季大会  2020.5  日本語教育学会

     More details

    Event date: 2020.5

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium workshop panel(public)  

    Venue:一橋大学  

  • 多文化教育を担う教員の資質・能力の育成――アメリカ、ドイツ・スイス、そして日本の動向と展望

    浜田麻里・齋藤ひろみ・森茂岳雄・中山あおい・金田智子・川口直巳・菅原雅枝・中川佑治・仲本康一郎

    第39回異文化間教育学会大会  2018.6  異文化間教育学会

     More details

    Event date: 2018.6

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium workshop panel(public)  

    Venue:新潟大学  

  • 「文化間移動をする子どもの育ち」を支える教育人材の育成

    中川祐治・和泉元千春・ 仲本康一郎・齋藤ひろみ

    子どもの日本語教育研究会第4回大会  2019.3  子どもの日本語教育研究会

     More details

    Event date: 2019.3

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium workshop panel(public)  

    Venue:武蔵野大学有明キャンパス  

  • 外国人児童生徒等教育を担う教員の養成

    浜田麻里・和泉元千春・仲本康一郎

    令和元年度日本教育大学協会研究集会  2019.10  日本教育大学協会

     More details

    Event date: 2019.10

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium workshop panel(public)  

    Venue:岡山大学  

  • Hearer's role in task-based dialogue by native English speaker pairs and by Japanese English learner pairs: Focusing on conversation sequences starting with a question International conference

    Midori Tanimura, Etsuko Yoshida, Koichiro Nakamoto,Kazuhiro and Kazuhiro Takeuchi

    The 43rd Anuual Meeting of British Association for Applied Linguistics  2010.9  The British Association for Applied Linguistics

     More details

    Event date: 2010.9

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:University of Aberdeen, UK  

  • Construal effects on description of events in a joint attention framework in task-based dialogues International conference

    谷村緑, 吉田悦子, 仲本康一郎, 竹内和宏

    The 13th Annual Conference of the Japanese Society for Language Sciences  2011.6  The Japanese Society for Language Sciences (JSLS)

     More details

    Event date: 2011.6

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:Kansai Gaidai University  

  • 課題遂行対話における説明の方略――対話型言語教育への応用

    谷村緑, 吉田悦子, 仲本康一郎, 竹内和広

    第31回社会言語学会研究大会  2013.3  日本社会言語科学会

     More details

    Event date: 2013.3

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:統計数理研究所  

  • 課題遂行対話における相互行為プロセス――英語母語話者と日本人英語学習者はどのようにグラウンディングを成立させるか

    谷村緑, 吉田悦子, 仲本康一郎, 竹内和広

    第35回社会言語科学会研究大会  2015.3  日本社会言語科学会

     More details

    Event date: 2015.3

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:東京女子大学  

  • 課題達成対話における談話構造の違い――目的を表す「ように」と「so that」を中心に

    谷村緑・仲本康一郎・吉田悦子

    第41回社会言語科学会研究大会  2018.3  社会言語科学会

     More details

    Event date: 2018.3

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:東洋大学白山キャンパス  

  • 課題達成対話における協働行為とinclusive “we”――英語を母語とする教師と英語学習者の非対称性に注目して

    谷村緑・吉田悦子・仲本康一郎

    第43回社会言語科学会研究大会  2019.3  社会言語科学会

     More details

    Event date: 2019.3

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:筑波大学  

  • How people understand each other in interaction using figurative language: Comparing Japanese and English task-based dialogues International conference

    Midori Tanimura, Koichiro Nakamoto, Etuko Yoshida

    Japanese English Society International Spring Forum 2019  2019.5 

     More details

    Event date: 2019.5

    Language:English   Presentation type:Oral presentation(general)  

  • How analogy and metaphor are used in interaction: Comparing visible and nonvisible conditions of learners’ task-based corpus International conference

    Midori Tanimura, Koichiro Nakamoto, Etsuko Yoshida

    The 29th Conference of the European Second Language Association  2019.8  European Second Language Association

     More details

    Event date: 2019.8

    Language:English   Presentation type:Oral presentation(general)  

    Venue:Lund University, Sweden  

  • ELF多人数課題達成会話における質問―応答連鎖 ~ 感情と心的態度を示すパラ言語情報を中心に ~

    谷村 緑, 竹内和広, 吉田悦子, 仲本康一郎, 山口征孝

    電子情報通信学会「思考と言語」研究会 2020年度第7回研究会  2021.3  電子情報通信学会「思考と言語」研究会

     More details

    Event date: 2021.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation(general)  

    Venue:オンライン開催  

▼display all

Teaching Experience (On-campus)

  • Academic Literacy for University Students

    2023Year

  • Introduction to the teaching of Japanese as a second language

    2023Year

  • Practice Teaching: Teaching Japanese as a foreign language II

    2023Year

  • Japanese Grammar

    2023Year

  • Psychology of Language

    2023Year

  • Essence and Goals / Content Structure of Japanese language course

    2023Year

  • Japanese Post- intermediate II

    2023Year

  • Japanese Pre-intermediate IA

    2023Year

▼display all

Teaching Experience

  • 日本語科目(留学生)

    Institution:大阪外国語大学

  • 大学英文法

    Institution:京都教育大学

  • 英語コミュニケーション

    Institution:近畿大学

  • TOEIC英語

    Institution:大阪商業大学

  • 外国語科目(英語)

Guidance results

  • 2013

    Type:Undergraduate (Major A course)graduation thesis guidance

    Number of people receiving guidance :3people 

    Graduation / pass / number of people awarded degrees :3people 

    Number of teachers:1people

  • 2015

    Type:Undergraduate (Major A course)graduation thesis guidance

    Number of people receiving guidance :1people 

    Graduation / pass / number of people awarded degrees :1people 

    Number of teachers:1people

  • 2016

    Type:Undergraduate (Major A course)graduation thesis guidance

    Number of people receiving guidance :2people 

    Graduation / pass / number of people awarded degrees :2people 

    Number of teachers:1people

  • 2017

    Type:Undergraduate (Major A course)graduation thesis guidance

    Number of people receiving guidance :1people 

    Graduation / pass / number of people awarded degrees :1people 

    Number of teachers:1people

  • 2022

    Type:Undergraduate (Major A course)graduation thesis guidance

    Number of people receiving guidance :2people 

    Graduation / pass / number of people awarded degrees :2people 

    Number of teachers:1people

Teaching achievements

  • 日本語教員養成プログラム・コーディネーター

    2008.04.01

     More details

    日本語教員養成プログラムの運営

  • 教養教育科目部門長

    2020.04.01

     More details

    教養教育科目部門の運営(代表)

  • 自発的教養教育科目部門長

    2016.04.01 - 2020.04.01

     More details

    自発的教養教育科目部門の運営(代表)

  • オフィス・アワー

    2008.04.01

     More details

    週1コマのオフィスアワーの設置

  • 令和元年度第5回教養教育センター講座企画・運営

    2019.11.27

     More details

    演題:動物行動学への招待――「出会い」と「迷い」と「ディスプレイ」
    講師:藪田慎司先生(帝京科学大学アニマルサイエンス学科教授)

  • 令和2年度第2回教養教育センター講座企画・運営

    2020.07.29

     More details

    演題:新型コロナ禍-正しい情報で命を守る-
    講師:山縣然太朗先生(山梨大学教授)

  • 令和2年度第2回教養教育センター講座企画・運営

    2020.11.11

     More details

    演題:疫病・エピソード・リテラシー-西洋史における疫病情報と行動統制-
    講師:皆川卓先生(山梨大学教授)

  • 令和4年度第3回教養教育センター講座企画・運営

    2022.11.09

     More details

    演題:ニュースの裏側/表側 ジャーナリストの仕事とは
    講師:藤原淳登氏(NHK報道局科学文化部デスク)

▼display all

Other educational achievements

  • 人間形成科目「大学生のための言語表現」開講

    2016

  • 山梨大学免許法認定講習
    中学校教諭二種免許状:英語

    2018

  • 全学共通教育科目における協同学習の実施状況に関する報告書―2018年度協同学習調査をもとに―

    2020

  • 他大学におけるCOC/COC+事業実施状況の調査

    2016

  • 全学共通教育科目における協同学習の先進事例に関する報告書
    ―2020 年度インタビュー調査をもとに―

    2021

  • 留学生のための就職説明会の開催(11月、1月実施)

    2011

  • やまなし大学スピーチコンテスト

    2010

  • 教員免許状更新講習

    2009

  • 教員免許状更新講習

    2010

  • 教員免許状更新講習

    2012

  • 教員免許状更新講習

    2014

  • 教員免許状更新講習

    2016

  • 教員免許状更新講習

    2017

  • 教員免許状更新講習

    2019

  • 教員免許状更新講習

    2021

▼display all

Textbooks and teaching materials

  • 日本語教員養成プログラムガイドブック

     2023.04.01

  • はじめて学ぶ認知言語学 ことばの世界をイメージする14章

     Publisher city name:Kyoto, Japan  2020.09.20

    Total number of pages:280

  • メタファーで読み解く英語のイディオム

     Publisher city name:Tokyo, Japan  2022.05.26

    Total number of pages:172

Review of master's and doctoral thesis

  • 2009

    Examiner classification:Second reader

    Master :1people 

  • 2010

    Examiner classification:Second reader

    Master :1people 

  • 2011

    Examiner classification:Second reader

    Master :1people 

Social Activities

  • 外国人児童生徒等教育

    Role(s): Advisor

    甲府市教育委員会日本語指導センター校  2010.4

     More details

    Audience: Schoolchildren

    Type:Research consultation

    毎年、甲府市教育委員会日本語指導センター校と連携し、日本語教員養成プログラムの授業の一環として、日本語を母語としない子どもたちへ向けた日本語指導支援活動を行っている。

  • 讀賣新聞「教育ルネサンス」取材

    Role(s): Media coverage

    讀賣新聞  2016.6

     More details

    Audience: Media

    Type:Newspaper, magazine

    日本語教育実習の取材

  • 山梨大学広報誌「ナシダイResearchers」Vol. 4

    Role(s): Media coverage, Informant

    山梨大学男女共同参画推進室  研究者の紹介  2017.2

     More details

    Audience: College students

    Type:Newspaper, magazine

  • 山梨大学広報誌「ヴァイン」Vol. 41

    Role(s): Media coverage, Informant

    山梨大学企画部広報企画課  人物発掘  2022.7

     More details

    Audience: High school students

    Type:Newspaper, magazine

  • 山梨新報取材

    Role(s): Media coverage

    山梨新報  2020.8

     More details

    Audience: Media

    Type:Newspaper, magazine

    放送大学公開講座の取材

  • 第3回子どもの日本語教育研究会ワークショップ山梨

    Role(s): Presenter, Planner

    子どもの日本語教育研究会事務局  山梨県立大学  2018.8

     More details

    Audience: Teachers, Researchesrs, Civic organization

    Type:Seminar, workshop

  • 文部科学省委託「外国人児童生徒等教育を担う教員の養成・研修モデルプログラム開発事業」シンポジウム

    Role(s): Lecturer, Report writing

    公益社団法人日本語教育学会  学習院大学  2018.2

     More details

    Audience: Teachers, Researchesrs, General, Governmental agency

    Type:Seminar, workshop

  • 文部科学省委託「外国人児童生徒等教育を担う教員の養成・研修モデルプログラム開発事業」シンポジウム

    Role(s): Presenter, Report writing

    公益社団法人日本語教育学会  TKP品川カンファレンスセンターバンケットホール8C  2019.2

     More details

    Audience: Teachers, Researchesrs, General, Governmental agency

    Type:Seminar, workshop

  • 帰国・外国人児童生徒教育研究会

    Role(s): Lecturer

    山梨県教育庁義務教育課  2012.6

     More details

    Audience: Teachers

    Type:Lecture

    外国人児童生徒に対する日本語指導の在り方に関する講演

  • 帰国・外国人児童生徒教育研究会

    Role(s): Lecturer

    山梨県教育庁義務教育課  2014.2

     More details

    Audience: Teachers

    Type:Lecture

    山梨県の学校における帰国外国人児童生徒教育に関する講演

  • 令和5年度第2回帰国・外国人児童生徒教育研究会

    Role(s): Lecturer

    山梨県教育庁義務教育課  山梨県総合教育センター(第4研修室)  2023.10

     More details

    Audience: Teachers

    Type:Lecture

    山梨県の学校における帰国外国人児童生徒教育に関する講演
    「外国につながる子どもと教育—日本語指導から読みの指導へ—」

  • 平成30年度第2回帰国・外国人児童生徒教育研究会

    Role(s): Lecturer

    山梨県教育庁義務教育課  山梨県総合教育センター(第4研修室)  2018.8

     More details

    Audience: Teachers

    Type:Lecture

    山梨県の学校における帰国外国人児童生徒教育に関する講演
    「外国につながる子どもたちと学校教育」

  • 平成30年度第3回日本語指導センター校担当者会

    Role(s): Lecturer

    山梨県教育庁義務教育課  山梨県防災新館3階教育委員会室  2019.2

     More details

    Audience: Teachers

    Type:Research consultation

    山梨県日本語指導センター校担当者対象の演習
    「日本語の特徴を知ろう!~日本語指導者のために~」

  • 文部科学省委託 外国人児童生徒等教育を担う教員の養成・研修モデルプログラム開発事業「教育委員会との連携研修」

    Role(s): Lecturer

    公益社団法人日本語教育学会  静岡県庁 会議室  2019.8

     More details

    Audience: Teachers

    Type:Research consultation

    地域の外国人児童生徒等教育を牽引するリーダーの養成

  • 文部科学省委託 外国人児童生徒等教育を担う教員の養成・研修モデルプログラム開発事業「大学教員のためのモデルプログラム活用セミナー」

    Role(s): Lecturer

    公益社団法人日本語教育学会  学習院大学  2019.10

     More details

    Audience: Teachers

    Type:Research consultation

    外国人児童生徒等教育に関わる授業を計画するための情報、計画作成機会の提供

  • 文部科学省委託 外国人児童生徒等教育を担う教員の養成・研修モデルプログラム開発事業「研修企画者のためのモデルプログラム活用研修」

    Role(s): Lecturer

    公益社団法人日本語教育学会  学習院大学  2019.11

     More details

    Audience: Teachers

    Type:Research consultation

    現職教員研修・支援員養成/研修を企画・実施するための情報、研修企画機会の提供

  • 高校生への公開講座「知のフロンティア」

    Role(s): Lecturer

    山梨大学  山梨大学甲府西キャンパス  2010.8

     More details

    Audience: High school students

    Type:Other

  • 高校生への公開講座「知のフロンティア」

    Role(s): Lecturer

    山梨大学  山梨大学甲府西キャンパス  2018.8

     More details

    Audience: High school students

    Type:Lecture

  • 放送大学公開講座「英語の世界、日本語の世界」

    Role(s): Lecturer

    放送大学山梨学習センター  山梨県立図書館  2020.8

     More details

    Audience: General

    Type:Lecture

  • 放送大学公開講座「日本人の言語行動」

    Role(s): Lecturer

    放送大学山梨学習センター  韮崎市民交流センターNICORI  2021.11

     More details

    Audience: General

    Type:Lecture

  • 放送大学公開講座「ことばの発達の不思議」

    Role(s): Lecturer

    放送大学山梨学習センター  山梨県立図書館  2022.12

     More details

    Audience: General

    Type:Lecture

  • 放送大学公開講座「感じる言葉 オノマトペ」

    Role(s): Lecturer

    放送大学山梨学習センター  山梨県立図書館  2023.8

     More details

    Audience: General

    Type:Lecture

  • 山梨大学広報誌「ヴァイン」Vol. 41

    Role(s): Media coverage, Informant

    山梨大学企画部広報企画課  人物発掘  2022.7

     More details

    Audience: High school students

    Type:Newspaper, magazine

  • 山梨新報取材

    Role(s): Media coverage

    山梨新報  2020.8

     More details

    Audience: Media

    Type:Newspaper, magazine

    放送大学公開講座の取材

  • 令和2年度第3回日本語指導センター校担当者会

    Role(s): Lecturer

    山梨県教育庁義務教育課  山梨県防災新館3階教育委員会室  2020.2

     More details

    Audience: Teachers

    Type:Research consultation

    山梨県日本語指導センター校担当者対象の演習
    「日本語の特徴」

  • 文部科学省委託 外国人児童生徒等教育を担う教員の養成・研修モデルプログラム開発事業「研修企画者のためのモデルプログラム活用研修」

    Role(s): Lecturer

    公益社団法人日本語教育学会  学習院大学  2019.11

     More details

    Audience: Teachers

    Type:Research consultation

    現職教員研修・支援員養成/研修を企画・実施するための情報、研修企画機会の提供

  • 文部科学省委託 外国人児童生徒等教育を担う教員の養成・研修モデルプログラム開発事業「大学教員のためのモデルプログラム活用セミナー」

    Role(s): Lecturer

    公益社団法人日本語教育学会  学習院大学  2019.10

     More details

    Audience: Teachers

    Type:Research consultation

    外国人児童生徒等教育に関わる授業を計画するための情報、計画作成機会の提供

  • 文部科学省委託 外国人児童生徒等教育を担う教員の養成・研修モデルプログラム開発事業「教育委員会との連携研修」

    Role(s): Lecturer

    公益社団法人日本語教育学会  静岡県庁 会議室  2019.8

     More details

    Audience: Teachers

    Type:Research consultation

    地域の外国人児童生徒等教育を牽引するリーダーの養成

  • 平成30年度第3回日本語指導センター校担当者会

    Role(s): Lecturer

    山梨県教育庁義務教育課  山梨県防災新館3階教育委員会室  2019.2

     More details

    Audience: Teachers

    Type:Research consultation

    山梨県日本語指導センター校担当者対象の演習
    「日本語の特徴を知ろう!~日本語指導者のために~」

  • 文部科学省委託「外国人児童生徒等教育を担う教員の養成・研修モデルプログラム開発事業」シンポジウム

    Role(s): Presenter, Report writing

    公益社団法人日本語教育学会  TKP品川カンファレンスセンターバンケットホール8C  2019.2

     More details

    Audience: Teachers, Researchesrs, General, Governmental agency

    Type:Seminar, workshop

  • 平成30年度第2回帰国・外国人児童生徒教育研究会

    Role(s): Lecturer

    山梨県教育庁義務教育課  山梨県総合教育センター(第4研修室)  2018.8

     More details

    Audience: Teachers

    Type:Lecture

    山梨県の学校における帰国外国人児童生徒教育に関する講演
    「外国につながる子どもたちと学校教育」

  • 第3回子どもの日本語教育研究会ワークショップ山梨

    Role(s): Presenter, Planner

    子どもの日本語教育研究会事務局  山梨県立大学  2018.8

     More details

    Audience: Teachers, Researchesrs, Civic organization

    Type:Seminar, workshop

  • 高校生への公開講座「知のフロンティア」

    Role(s): Lecturer

    山梨大学  山梨大学甲府西キャンパス  2018.8

     More details

    Audience: High school students

    Type:Lecture

  • 文部科学省委託「外国人児童生徒等教育を担う教員の養成・研修モデルプログラム開発事業」シンポジウム

    Role(s): Lecturer, Report writing

    公益社団法人日本語教育学会  学習院大学  2018.2

     More details

    Audience: Teachers, Researchesrs, General, Governmental agency

    Type:Seminar, workshop

  • 山梨大学広報誌「ナシダイResearchers」Vol. 4

    Role(s): Media coverage, Informant

    山梨大学男女共同参画推進室  研究者の紹介  2017.2

     More details

    Audience: College students

    Type:Newspaper, magazine

  • 讀賣新聞「教育ルネサンス」取材

    Role(s): Media coverage

    讀賣新聞  2016.6

     More details

    Audience: Media

    Type:Newspaper, magazine

    日本語教育実習の取材

  • 帰国・外国人児童生徒教育研究会

    Role(s): Lecturer

    山梨県教育庁義務教育課  2014.2

     More details

    Audience: Teachers

    Type:Lecture

    山梨県の学校における帰国外国人児童生徒教育に関する講演

  • 帰国・外国人児童生徒教育研究会

    Role(s): Lecturer

    山梨県教育庁義務教育課  2012.6

     More details

    Audience: Teachers

    Type:Lecture

    外国人児童生徒に対する日本語指導の在り方に関する講演

  • 高校生への公開講座「知のフロンティア」

    Role(s): Lecturer

    山梨大学  山梨大学甲府西キャンパス  2010.8

     More details

    Audience: High school students

    Type:Other

  • 外国人児童生徒等教育

    Role(s): Advisor

    甲府市教育委員会日本語指導センター校  2010.4

     More details

    Audience: Schoolchildren

    Type:Research consultation

    毎年、甲府市教育委員会日本語指導センター校と連携し、日本語教員養成プログラムの授業の一環として、日本語を母語としない子どもたちへ向けた日本語指導支援活動を行っている。

▼display all

International Exchange and International Contribution

  • 2009  Type:International, regional exchange, exchange of students and Japanese students

    (相手方国名)中華人民共和国
    (相手側機関名)内蒙古医学院・公共教育学院
    (受け入れ人数)1名

  • 2010  Type:International, regional exchange, exchange of students and Japanese students

    (相手方国名)タイ王国
    (相手側機関名)コンケン大学
    (受け入れ人数)3名

  • 2012  Type:International, regional exchange, exchange of students and Japanese students

    (相手方国名)タイ王国
    (相手側機関名)コンケン大学
    (受け入れ人数)2名

  • 2013  Type:International, regional exchange, exchange of students and Japanese students

    (相手方国名)タイ王国
    (相手側機関名)コンケン大学
    (受け入れ人数)3名

  • 2014  Type:International, regional exchange, exchange of students and Japanese students

    日本政府(文部科学省)奨学金留学生
    (相手方国名)タイ王国
    (相手側機関名)コンケン大学
    (受け入れ人数)1名:2年間

  • 2015  Type:International, regional exchange, exchange of students and Japanese students

    (相手方国名)タイ王国
    (相手側機関名)コンケン大学
    (受け入れ人数)1名

  • 2017  Type:International, regional exchange, exchange of students and Japanese students

    (相手側機関名)コンケン大学
    (日本側機関名)山梨大学
    (受け入れ人数)1名

  • 2018  Type:International, regional exchange, exchange of students and Japanese students

    (相手側機関名)コンケン大学
    (日本側機関名)山梨大学
    (受け入れ人数)1名

  • 2019  Type:International, regional exchange, exchange of students and Japanese students

    (相手側機関名)コンケン大学
    (日本側機関名)山梨大学
    (受け入れ人数)1名

  • 2020  Type:International, regional exchange, exchange of students and Japanese students

    (相手側機関名)コンケン大学
    (日本側機関名)山梨大学
    (受け入れ人数)1名

▼display all

Professional Memberships

  • The Society for Teaching Japanese as a Foreign Language

    2003.4

  • Intercultural Education Society of Japan

    2017.4

  • The Society of Japanese Grammar

    2016.4

  • Japanese Cognitive Linguistics Association 

    2001.4

  • The Pragmatic Society of Japan

    2000.4

  • The Japanese Cognitive Science Society

    1994.4

  • 日本生態心理学会

    2006.4

▼display all

Committee Memberships

  • 日本語文法学会   学会誌編集委員会  

    2016.4 - 2019.3   

      More details

    Committee type:Society

    学会誌「日本語文法」研究論文の査読

  • International Cognitive Linguisitics Conference(ICLC15)   Peer Reviewer  

    2018.12 - 2019.8   

      More details

    Committee type:Society

    Peer Review

  • 日本認知言語学会   大会実行委員会  

    2009.4 - 2011.3   

      More details

    Committee type:Society

    大会実行委員

  • 日本認知言語学会   大会実行委員会  

    2012.4 - 2014.3   

      More details

    Committee type:Society

    大会実行委員

  • 子どもの日本語教育研究会   大会実行委員会副委員長  

    2018.4 - 2019.3   

      More details

    Committee type:Society

  • 山梨大学ほか国内連携8大学   文部科学省大学間連携共同教育推進事業「学士力養成のための共通基盤システムを活用した主体的学びの促進事業」日本語ワーキンググループ委員  

    2015.4 - 2017.3   

      More details

    Committee type:Society

    共通基盤システムeラーニング自主教材の構築
    プレイスメント・テスト、到達度テストの作成

  • 公益社団法人日本語教育学会   文部科学省委託事業「外国人児童生徒教育を担う教員の養成・研修モデルプログラム開発事業」モデルプログラム検証・開発部会委員  

    2019.4 - 2020.3   

      More details

    Committee type:Society

  • 公益社団法人日本語教育学会   文部科学省委託事業成果活用特別委員会  

    2020.4 - 2025.3   

      More details

    Committee type:Society

  • 山梨県教育庁   外国人児童生徒支援連絡会議 座長  

    2020.4 - 2023.3   

      More details

    Committee type:Autonomy

  • 公益社団法人日本語教育学会   文部科学省委託事業成果活用特別委員会  

    2020.4 - 2025.3   

      More details

    Committee type:Society

  • 山梨県教育庁   外国人児童生徒支援連絡会議 座長  

    2020.4 - 2023.3   

      More details

    Committee type:Autonomy

  • 山梨県教育庁   外国人児童生徒支援連絡会議  

    2020.4 - 2023.3   

      More details

    Committee type:Autonomy

  • 公益社団法人日本語教育学会   文部科学省委託事業「外国人児童生徒教育を担う教員の養成・研修モデルプログラム開発事業」モデルプログラム検証・開発部会委員  

    2019.4 - 2020.3   

      More details

    Committee type:Society

  • 第15回国際認知言語学会   査読委員  

    2018.12 - 2019.8   

      More details

    Committee type:Society

    査読

  • International Cognitive Linguisitics Conference(ICLC15)   Peer Reviewer  

    2018.12 - 2019.8   

      More details

    Committee type:Society

    Peer Review

  • 公益社団法人日本語教育学会   文部科学省委託事業「外国人児童生徒教育を担う教員の養成・研修モデルプログラム開発事業」モデルプログラム検証・開発部会委員  

    2018.4 - 2019.3   

      More details

    Committee type:Society

  • 公益社団法人日本語教育学会   文部科学省委託事業「外国人児童生徒教育を担う教員の養成・研修モデルプログラム開発事業」資質能力検討・作業部会委員  

    2017.7 - 2018.3   

      More details

    Committee type:Society

  • 日本語文法学会   学会誌編集委員会  

    2016.4 - 2019.3   

      More details

    Committee type:Society

    学会誌「日本語文法」研究論文の査読

  • 山梨大学ほか国内連携8大学   文部科学省大学間連携共同教育推進事業「学士力養成のための共通基盤システムを活用した主体的学びの促進事業」日本語ワーキンググループ委員  

    2015.4 - 2017.3   

      More details

    Committee type:Society

    共通基盤システムeラーニング自主教材の構築
    プレイスメント・テスト、到達度テストの作成

▼display all