2024/05/01 更新

写真a

ヤマモト ヨシノブ
山本 義暢
Yamamoto Yoshinobu
所属
大学院 総合研究部 工学域 機械工学系(機械工学) 准教授
職名
准教授

経歴

  • 山梨大学   大学院・医学工学総合研究部   准教授

    2012年

学歴

  • 京都大学

    - 2002年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    備考: (事項) 京都大学大学院工学研究科原子核工学専攻博士課程修了

    課程: 博士後期

  • 京都大学

    - 1999年3月

  • 京都大学

    - 1997年3月

学位

  • 博士(工学) ( 2002年3月   京都大学 )

研究分野

  • エネルギー / 核融合学

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 熱工学

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 流体工学

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 熱工学

研究キーワード

  • MHD

  • 乱流熱伝達

  • 自由表面乱流

  • 直接数値計算

  • 気液界面

  • 数値流体力学

  • 大規模直接数値計算

  • 乱流熱物質移動

論文

  • Taylor’s frozen hypothesis of the pressure fluctuations in turbulent channel flow at high Reynolds numbers 査読 国際共著

    A. Mehrez, Y. Yamamoto and Y. Tsuji

    Journal of Fluid Mechanics   972   1 - 35   2023年10月( ISSN:0022-1120 )

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1017/jfm.2023.692

  • Energy dissipation rate in the inertial sublayer of turbulent channel flow at large but finite Re_tau 査読

    Y. Yamamoto, Y. Kaneda, and Y. Tsuji

    Physical Review Fluids   8   2023年3月( ISSN:2469-990X )

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1103/PhysRevFluids.8.034606

  • Velocity gradient statistics in turbulent shear flow: an extension of Kolmogorov's local equilibrium theory 査読

    Y. Kandeda and Y. Yamamoto

    JOURNAL OF FLUID MECHANICS   929   2021年12月( ISSN:0022-1120 )

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1017/jfm.2021.815

  • Linear response theory for one-point statistics in the inertial sublayer of wall bounded turbulence 査読

    Y. Kaneda, Y. Yamamoto, and Y. Tsuji

    PHYSICAL REVIEW LETTERS   122   194502-1 - 194502-5   2019年5月( ISSN:0031-9007 )

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.122.194502

  • Pressure and spanwise velocity fluctuations in turbulent channel flows: Logarithmic behavior of moments and coherent structures 査読

    A. Mehrez, J. Philip, Y. Yamamoto, and Y. Tsuji

    Physical Review Fluids   4   044601-1 - 044601-27   2019年4月( ISSN:2469-990X )

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevFluids.4.044601

  • Reynolds number dependency of turbulent structures associated with amplitude wall pressure peaks in channel flow 査読

    A. Mehrez, Y. Yamamoto, and Y. Tsuji

    FLUID DYNAMICS RESEARCH   51   1 - 31   2019年2月( ISSN:0169-5983 )

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1873-7005/aabfa9

  • Direct numerical simulation of liquid metal free-surface turbulent flows imposed on wall-normal magnetic field 査読

    Y. Yamamoto and T. Kunugi

    FUSION ENGINEERING AND DESIGN   136   925 - 930   2018年11月( ISSN:0920-3796 )

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.fusengdes.2018.04.041

  • Numerical evidence of logarithmic regions in channel flow at Re_tau=8000 査読

    Y. Yamamoto and Y. Tsuji

    Physical Review Fluids    3 ( 1 )   1 - 10   2018年1月( ISSN:2470-0053 )

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevFluids.3.012602

  • A New RANS Model in Turbulent Channel Flow Imposed Wall-Normal Magnetic Field with Heat Transfer 査読

    Y. Yamamoto, N. Osawa, and T. Kunugi

    Fusion Science and Technology   72 ( 4 )   601 - 608   2017年8月( ISSN:1536-1055 )

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/15361055.2017.1350475

  • Modeling of MHD turbulent heat transfer in channel flows imposed wall-normal magnetic fields under the various Prandtl number fluids 査読

    Y. Yamamoto,T. Kunugi

    Fusion Engineering and Design   109-111   1130 - 1136   2016年11月( ISSN:0920-3796 )

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.fusengdes.2016.01.004

  • MHD effects on turbulent dissipation process in channel flows with an imposed wall-normal magnetic field 査読

    Y. Yamamoto,T. Kunugi

    Fusion Engineering and Design   109-111   1137 - 1142   2016年11月( ISSN:0920-3796 )

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.fusengdes.2016.01.003

  • Direct numerical simulation of MHD heat transfer in high Reynolds number turbulent channel flows for Prandtl number of 25 査読

    Y. Yamamoto,T. Kunugi

    Fusion Engineering and Design   90   17 - 22   2015年1月( ISSN:0920-3796 )

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.fusengdes.2014.10.005

  • Investigation of MHD RANS modeling based on DNS database under the advanced blanket design conditions utilize molten salt 査読

    N.Osawa,Y.Yamamoto,T.Kunugi

    22nd International Conference on Nuclear Engineering (ICONE22)   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    採択率:70%

    DOI: 10.1115/ICONE22-30712

  • 高レイノルズ数チャンネル乱流場の内層温度分布におけるプラントル数効果 査読

    猿渡祥悟,山本義暢

    日本機械学会論文集   80 ( 814 )   1 - 20   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/transjsme.2014tep0153

  • 高レイノルズ数チャンネル乱流場の内層における乱流熱流束の高プラントル数効果に関する考察 査読

    猿渡祥悟,山本義暢

    日本機械学会論文集(B編)   79 ( 808 )   2846 - 2858   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaib.79.2846

  • 高レイノルズ数大規模構造解析を対象とした壁平行方向高次精度差分法による直接数値シミュレーションの検討 査読

    山本義暢

    日本機械学会論文集(B編)   79 ( 807 )   2409 - 2423   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaib.79.2409

  • 高レイノルズ数チャンネル乱流場における高プラントル数乱流熱輸送に関する四象限・結合確率密度関数解析 査読

    猿渡祥悟,山本義暢

    日本機械学会論文集(B編)   79 ( 803 )   1281 - 1296   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaib.79.1281

  • 高解像度DNS データベースを用いた高レイノルズ数チャンネル乱流場の四象限・確率密度関数解析 査読

    猿渡祥悟,山本義暢

    日本機械学会論文集(B編)   78 ( 795 )   1951   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaib.78.1951

  • Direct Numerical Simulation of Stably-Stratified Turbulent Channel Flow with CO2 Supercritical Pressure 査読

    Y. Yamamoto and T. Kunugi

    Zero-Carbon Energy Kyoto 2011 Green Energy and Technology   225 - 234   2012年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-4-431-54067-0_26

  • Direct numerical simulation of a high-Froude number turbulent open-channel flow 査読

    Y. Yamamoto and T. Kunugi

    Physics of Fluids   23   1 - 11   2011年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.3664121

  • Discussion on heat transfer correlation in turbulent channel flow imposed wall-normal magnetic field 査読

    Y. Yamamoto and T. Kunugi

    Fusion Engineering and Design   86   2886 - 2890   2011年11月( ISSN:0920-3796 )

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.fusengdes.2011.06.007

  • Direct Numerical Simulation of MHD Turbulent Flows with High-Pr Heat Transfer 査読

    Y. Yamamoto and T. Kunugi

    Progress in Nuclear Science and Technology   2   550 - 555   2011年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本原子力学会  

    DOI: 10.15669/pnst.2.550

  • Direct Numerical Simulation of Turbulent Channel Flow with Deformed Bubbles 査読

    Y. Yamamoto and T. Kunugi

    Progress in Nuclear Science and Technology   2   539 - 549   2011年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本原子力学会  

    DOI: 10.15669/pnst.2.543

  • 高プラントル数乱流熱伝達の直接数値計算における適切な空間解像度に関する考察(Pr=5の場合) 査読

    山本義暢,功刀資彰,辻義之

    Thermal Science and Engineering   19 ( 3 )   59 - 70   2011年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11368/tse.19.59

  • High Performance Computing for MHD Turbulent Flows with high-Pr Heat Transfer 査読

    Y. Yamamoto and T. Kunugi

    Green Energy and Technology, Zero-Carbon Energy Kyoto 2010   222 - 229   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-4-431-53910-0_28

  • 高フルード数開水路乱流場の直接数値シミュレーション 査読

    山本義暢,功刀資彰

    混相流   24 ( 2 )   169 - 178   2010年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3811/jjmf.24.169

  • High-Pr Heat Transfer in Viscoelastic Drag-Reducing Turbulent Channel Flow 査読

    Y. Yamamoto, T. Kunugi and C-F. Li

    Green Energy and Technology, Zero-Carbon Energy Kyoto 2009   58 - 64   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • DNS and k-epsilon model simulation of MHD turbulent channel flows with heat transfer 査読

    Y. Yamamoto, T. Kunugi, S. Satake and S. Smolensev

    Fusion Engineering and Design   83   1309 - 1312   2008年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.fusengdes.2008.10.001

▼全件表示

上記以外の発表の総数

  • 2015年度

    記述済以外の発表総数:9  本人が第一発表者の数:5  本人が第一発表者以外の数:4

  • 2012年度

    記述済以外の発表総数:8  本人が第一発表者の数:3  本人が第一発表者以外の数:5

学外あるいは所属学部等外の組織との共同研究

  • 横断的研究のためのCOE共同研究プラットフォーム・Oroshhi-2の利用検討会

    核融合科学研究所

    2023年04月01日 - 2024年03月31日  分担

  • 壁面乱流場における高レイノルズ数極限への漸近挙動理論の計算科学的実証

    HPCI運用事務局

    2023年04月01日 - 2024年03月31日  分担

     詳細を見る

    副代表

  • 横断的研究のためのCOE共同研究プラットフォーム・Oroshhi-2の利用検討会

    核融合科学研究所

    2022年04月01日 - 2023年03月31日  分担

  • 壁面乱流場における高レイノルズ数極限への漸近挙動理論の計算科学的実証

    HPCI運用事務局

    2022年04月01日 - 2023年03月31日  分担

     詳細を見る

    代表

  • 乱流大規模直接数値計算コードのSX-Aurora TSUBASA上での性能評価

    東北大学サイバーサイエンスセンター

    2022年04月01日 - 2023年03月31日  代表

     詳細を見る

    研究全般・総括

  • 大規模直接数値シミュレーションコードの高度化

    京都大学学術情報メディアセンター

    2021年10月01日 - 2022年03月31日  代表

     詳細を見る

    研究全般・総括

  • 横断的研究のためのCOE共同研究プラットフォーム・Oroshhi-2の利用検討会

    核融合科学研究所

    2021年04月01日 - 2022年03月31日  分担

  • 乱流大規模直接数値計算コードのSX-Aurora TSUBASA上での性能評価

    東北大学サイバーサイエンスセンター

    2021年04月01日 - 2022年03月31日  代表

     詳細を見る

    研究全般・総括

  • 壁面乱流場における高レイノルズ数極限への漸近挙動理論の計算科学的実証

    HPCI運用事務局

    2021年04月01日 - 2022年03月31日  分担

     詳細を見る

    副代表

  • 乱流大規模直接数値計算コードのSX-Aurora TSUBASA上での性能評価

    東北大学サイバーサイエンスセンター

    2020年10月01日 - 2021年03月31日  代表

     詳細を見る

    研究全般・総括

  • 世界最大レイノルズ数壁面乱流場の大規模直
    接数値計算

    HPCI運用事務局

    2020年10月01日 - 2021年03月31日  代表

     詳細を見る

    研究全般・総括

  • 高レイノルズ数壁面乱流場における直接数値計算及び乱流計測に基づく標準データベースの開発

    HPCI運用事務局

    2020年04月01日 - 2021年03月31日  分担

     詳細を見る

    副代表

  • 横断的研究のためのCOE共同研究プラットフォーム・Oroshhi-2の利用検討会

    核融合科学研究所

    2020年04月01日 - 2021年03月31日  分担

  • 大気境界層を対象とした高レイノルズ数乱流における凍結乱流仮説の検証

    海洋研究開発機構

    2020年04月01日 - 2021年02月28日  分担

     詳細を見る

    連絡代表者

  • 横断的研究のためのCOE共同研究プラットフォーム・Oroshhi-2の利用検討会

    核融合科学研究所

    2019年04月01日 - 2020年03月31日  分担

  • 横断的研究のためのCOE共同研究プラットフォーム・Oroshhi-2の利用検討会

    核融合科学研究所

    2019年04月01日 - 2020年03月31日  分担

  • 高レイノルズ数壁面乱流場における直接数値計算及び乱流計測に基づく標準データベースの開発

    HPCI運用事務局

    2019年04月01日 - 2020年03月31日  分担

     詳細を見る

    副代表

  • 大気境界層を対象とした高レイノルズ数乱流における凍結乱流仮説の検証

    海洋研究開発機構

    2019年04月01日 - 2020年03月31日  分担

     詳細を見る

    連絡代表者

  • 高レイノルズ数壁乱流における凍結乱流仮説の検証

    名古屋大学

    2019年04月01日 - 2020年03月31日  分担

  • 大規模数値計算及び実験データに基づく壁面断応力の予測法とその高度化

    HPCI運用事務局

    2018年04月01日 - 2019年03月31日  分担

     詳細を見る

    副代表

  • 高レイノルズ数壁乱流における微粒子の加速度統計に関する研究

    海洋研究開発機構

    2018年04月01日 - 2019年03月31日  分担

  • COE共同研究プラットフォームとしてのOroshhi-2利用検討会

    核融合科学研究所

    2018年04月01日 - 2019年03月31日  分担

  • 核融合炉液体冷却ダイバータを対象とした自由表面MHD乱流シミュレーション

    核融合科学研究所

    2018年04月01日 - 2019年03月31日  代表

  • 高レイノルズ数壁乱流における微粒子の加速度統計に関する研究

    海洋研究開発機構

    2017年04月01日 - 2018年03月31日  分担

  • 高Re数壁乱流実験における計測精度向上のための計算科学的支援

    HPCI運用事務局

    2017年04月01日 - 2018年03月31日  分担

     詳細を見る

    副代表

  • 高レイノルズ数乱流現象解明のための計算・実験科学研究ネットワー
    ク形成

    東北大学 名古屋大学  九州大学

    2017年04月01日 - 2018年03月31日  代表

  • 強磁場下で局所表面加熱された液体金属液膜流の効率的除熱方法の提案とその実証

    核融合科学研究所

    2017年04月01日 - 2018年03月31日  分担

  • 高レイノルズ数せん断乱流場の大規模直接数値シミュレーション

    核融合科学研究所

    2017年04月01日 - 2018年03月31日  代表

  • COE共同研究プラットフォームとしてのOroshhi-2利用検討会

    核融合科学研究所

    2017年04月01日 - 2018年03月31日  分担

  • 高レイノルズ数せん断乱流場の大規模直接数値シミュレーション

    核融合科学研究所

    2016年04月01日 - 2017年07月13日  代表

  • 核融合炉先進ブランケットデザイン条件下におけるMHD乱流熱伝達の高精度予測乱流モデルの開発

    HPCI運用事務局

    2016年04月01日 - 2017年03月31日  代表

  • 高Re数壁乱流の計測精度向上のための計算科学的支援

    HPCI運用事務局

    2016年04月01日 - 2017年03月31日  分担

  • 高レイノルズ数乱流現象解明のための計算・実験科学研究ネットワー
    ク形成

    東北大学 名古屋大学

    2016年04月01日 - 2017年03月31日  代表

  • 強磁場下で局所表面加熱された液体金属液膜流の効率的除熱方法の提案とその実証

    核融合科学研究所

    2016年 - 2016年07月13日  分担

  • 高レイノルズ数乱流熱輸送に関する世界最大規模直接数値シミュレーション

    京都大学学術情報メディアセンター

    2014年05月 - 2015年03月  代表

     詳細を見る

    大規模計算共同研究

  • 計算科学と実験科学の融合による乱流計測手法の高精度化とその応用

    HPCI運用事務局

    2014年04月01日 - 2015年03月31日  分担

     詳細を見る

    副代表

  • 核融合炉先進ブランケットデザイン条件下におけるMHD乱流熱伝達機構のスケーリング則

    HPCI運用事務局

    2014年04月01日 - 2015年03月31日  代表

  • 気象スケール壁乱流への凍結乱流仮説の応用と展開

    名古屋大学HPC計算科学連携プロジェクト

    2014年04月 - 2015年03月  分担

     詳細を見る

    副代表

  • 高次精度差分法による高レイノルズ数乱流場における大規模構造の直接数値シミュレーション

    京都大学学術情報メディアセンター

    2013年06月 - 2014年03月  代表

     詳細を見る

    プログラム高度化共同研究

  • 壁乱流の大規模組織構造の解明がもたらすエネルギー高効率化への貢献

    名古屋大学情報基盤連携センター

    2013年04月01日 - 2014年03月31日  分担

  • 核融合炉先進ブランケットデザイン条件における高精度MHD 熱伝達データベースの構築と乱流モデリング

    東北大学サイバーサイエンスセンター

    2013年04月01日 - 2013年03月31日  代表

  • 壁乱流における凍結乱流仮説の検証とその工学的応用

    理化学研究所計算科学研究機構 名古屋大学情報基盤連携センター

    2012年09月01日 - 2014年03月31日  分担

  • 核融合炉・炉工学における極限的熱輸送現象の解明とモデリング

    東北大学サイバーサイエンスセンター

    2012年09月01日 - 2014年03月31日  代表

  • 壁乱流における大規模組織構造と凍結乱流仮説の数値的研究

    名古屋大学情報基盤センター

    2012年07月07日  分担

  • The world’s largest direct numerical simulation of free-surface turbulent flows simulated IFMIF target flow

    IFERC(国際核融合エネルギー研究センター)

    2012年04月 - 2013年03月  代表

  • 核融合炉先進ブランケットにおけるMHD熱伝達データベースの構築

    海洋研究開発機構

    2012年04月 - 2013年03月  代表

  • 超大規模数値計算に基づく核融合炉先進ブランケットデザイン条件における高精度MHD熱伝達データベースの構築

    東京大学情報基盤センター

    2012年04月 - 2013年03月  代表

  • マルチパラメータサーベイ型シミュレーションを支えるシステム化技術に関する研究

    東京大学情報基盤センター

    2012年04月 - 2013年03月  分担

  • 壁乱流の大規模組織構造の解明がもたらすエネルギー高効率化への貢献

    東京大学情報基盤センター

    2012年04月 - 2013年03月  分担

  • T2Kオープンスパコンを用いた高プラントル数流体MHD乱流の大規模直接数値計算

    京都大学学術情報メディアセンター

    2009年06月 - 2010年03月  代表

  • 大規模シミュレーションによる原子炉内複雑熱流動挙動予測に関する研究

    海洋研究開発機構

    2006年04月 - 2008年03月  分担

  • レーザー核融合炉液体壁自由液面のシミュレーションと設計に関する研究

    核融合科学研究所

    2006年04月 - 2007年03月  分担

  • MHD乱流実験及びDNSデータベースに基づくMHD乱流モデルの開発

    UCLA

    2006年04月 - 2007年03月  分担

  • ITBLを利用した混相流高精度シミュレータの構築に関する研究

    日本原子力研究開発機構

    2006年04月 - 2007年03月  分担

  • 乱流の世界最大規模直接数値計算とモデリングによる応用計算

    海洋研究開発機構

    2005年10月 - 2007年03月  分担

▼全件表示

担当授業科目(学内)

  • 流体工学II 重要な業績

    2023年度

  • 流体力学特論

    2023年度

所属学協会

  • 日本機械学会

  • 日本流体力学会